相続全体の流れ

まず相続全体の流れについて見てみましょう。

 相続の流れ

注意点 

 被相続人の死亡=相続の開始

・死亡届の提出・葬儀法要

死亡届を7日以内に提出 

・遺言書の有無の確認

自筆証書遺言の場合は

家庭裁判所の検認後に開封 

・相続人の調査

・相続財産・債務の調査 

戸籍関係書類の回収

相続関係図の作成 

相続の承認または放棄 

3ヶ月以内に家庭裁判所へ

申し立てが必要 

相続人の確定

 ・所得税の準確定申告

4ヶ月以内に税務署へ提出 

 ・相続財産の評価

 相続財産目録の作成 

 遺産分割協議

遺産分割協議書の作成

相続人全員分の実印と

印鑑証明書の準備 

・各相続財産の手続き

必要書類の回収 

不動産の相続登記申請

その他財産の名義変更 

 ・相続税の申告手続き

10ヶ月以内に納付 

 相続手続の終了

相続全体の流れの中で、特に重要なポイントがふたつあります。

 

ひとつは3ヶ月以内に、相続人調査および相続財産の概要を調査する必要があるということです。もし相続財産の中に借金などがある場合、ケースによっては相続の放棄や限定承認をしなければなりません。そして、この相続の放棄等の申し立て期間が、「相続開始から3ヶ月以内」と法律で定められているのです。

 

もうひとつは10ヶ月以内に相続の手続きまですべて完了させたほうがよいということです。こちらの期間は法律によって義務付けられているわけではありません。しかし、何年間も手続きをしないまま放置してしまうと、書類を回収したり遺産分割協議を進める上で、いろいろと問題が生じてくるケースもあるのです。そこで、相続税の納付期限である10ヶ月以内を一つの目安として、相続の手続きを完了させるようにしたほうがよいでしょう。

 

相続の手続きを進める上で、「知らなかった」では済まされない場合もあるのです。まずはひよし法務行政書士事務所までご相談ください。「いつまでに」「何をすればよいのか」をアドバイスさせていただきます。

 

ご相談・お問い合わせはこちらをご覧下さい! 

 

ページトップに戻る