法定相続人とは?

1 相続の流れ → 2 相続サポーター → 3 相続税 → 4 必要な書類 →

5 法定相続人と相続分 → 6 相続財産 → 7 遺言を発見したときは? →

8 相続放棄 → 9 遺産分割協議書 → 10 各種手続き 

 

実際に相続が起こった場合、誰が相続人になれるのでしょうか?

この、「誰が相続人になれるのか」は民法で定められています。これを法定相続人といいます。この法定相続人は勝手に変えることはできません。つまり、法律で定められていない人は相続人にはなれないのです!

 

それでは、実際にある方(Aさん)が亡くなった場合、法定相続人になるのは誰でしょうか? (ちなみに亡くなったAさんのことを「被相続人」といいます) 

 

まず、Aさんに配偶者がいる場合は、この配偶者は必ず相続人になります。

問題は、配偶者以外の相続人です。これは、下表のようになっています。

順位  相続人 備考 
 第1順位  子供 Aの子供Cが既に死亡している場合、代わりにCの子供(Aの孫)が相続人になる。
 第2順位  直系尊属(親など) Aよりも前の世代。親、祖父母・・・の順に相続人になる。 
 第3順位  兄弟姉妹 Aの兄Dが既に死亡している場合、代わりにDの子供(Aの甥姪)が相続人になる。 

上の順位が1人もいなければ、次の順位の人が相続人になります。

したがって、相続人の組み合わせは次の8パターンとなります。 相続人.png

  1. 配偶者と子供(または孫)
  2. 子供(または孫)のみ
  3. 配偶者と直系尊属
  4. 直系尊属のみ
  5. 配偶者と兄弟姉妹(または甥姪)
  6. 兄弟姉妹(または甥姪)のみ
  7. 配偶者のみ
  8. 誰もいない

それぞれのケースによって誰が相続人になるかが異なります。「この場合はどうなるのだろう?」という疑問などがありましたら、ひよし法務行政書士事務所までご相談下さい!

ご相談・お問い合わせはこちらをご覧下さい!

法定相続分について

相続のポイントは「誰が」「どれくらいの財産」を相続できるかです。 「誰が」については、法定相続人としてみてきましたが、「どれくらいの財産」についても、民法に定めがあります。これを「法定相続分」といいます。

 

ただし、「法定相続分」については、必ずしもその通りにしなくても構いません。相続人全員が納得しているのであれば、「1人に全財産を相続させる」こともできるのです。あくまでひとつの目安、くらいにお考え下さい。

 

相続人

配偶者 

子供 

 直系尊属

兄弟姉妹 

配偶者と子供 

1/2

1/2

0

0

子供のみ

いない 

全部

0

0

配偶者と直系尊属

2/3

いない

1/3

0

直系尊属のみ

いない

いない

全部

0

配偶者と兄弟姉妹

3/4

いない

いない 

1/4

兄弟姉妹のみ

いない

いない

いない

全部

配偶者のみ

全部 

いない

いない

いない 

※0のところは該当する人がいたとしても、相続人にはならないため、法定相続分もありません。 

※「子供」「直系尊属」「兄弟姉妹」が複数いる場合、その人数で等分します。

※「孫」や「甥・姪」が相続人になる場合には、自分の親が本来もらうべきだった法定相続分を引き継ぎます。

 

ページトップに戻る