遺産分割協議書の作成

1 相続の流れ → 2 相続サポーター → 3 相続税 → 4 必要な書類 →

5 法定相続人と相続分 → 6 相続財産 → 7 遺言を発見したときは? →

8 相続放棄 → 9 遺産分割協議書 → 10 各種手続き 

 

それでは、いよいよ相続全体の大詰めでもある、遺産分割協議について見ていきましょう!

 

この遺産分割協議については、期限は特に設けられていません。ですから、遺産分割協議をしないままであっても、相続する権利がなくなってしまうということはありません。

 

中年男性.gif

しかし、遺産分割協議をしないと相続財産を処分することができませんし、相続税の申告が必要な場合には、税法上の特別控除が使えなくなるなど、目に見える損失が発生することもあるのです。

また、仮に相続税の申告が必要ない場合であっても、長期に放っておくと相続人が代替わりをしてしまい、話し合いでの解決が困難になるおそれもあるのです。

 

 

そこで、できれば相続税申告の期限である10ヶ月以内を目途に、遺産分割協議を行い、きちんと遺産分割協議書を作成することをお勧めします。 

 

遺産分割協議の方法として一般的な方法は、相続人全員が一同に集まって話し合うという方法です。誰がどの財産をどのくらい取得するかについて全員が納得したら、後々問題にならないように遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名捺印します。

 

おばあさん.gif

ただし、相続人全員が一同に集まることが難しいのであれば、電話で話を進めてもいいですし、書面を作成して回すという方法でも構いません。そもそも遺産分割協議の方法として「・・・しなければならない」という決まりはないのです。大切なことは相続人全員が納得をして遺産分割協議書に署名捺印をするということです。

 

もし自分たちだけでこの話し合いをまとめることができない場合には、家庭裁判所で話し合う遺産分割調停や、最終的に家庭裁判所が遺産分割の内容を決める遺産分割審判などによって解決するしかありません。

 

赤ちゃん.png

なお、相続人の中に未成年者の子供がいる場合、その子供は単独で遺産分割協議に参加することはできません。このような場合には未成年者を代理する特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てる必要が生じてきます。 もし夫が亡くなった場合に妻が妊娠中であった場合には、おなかにいる子供(胎児)も無事に生まれてくれば相続する権利があります。この場合は出生後に遺産分割協議を行うのがよいでしょう。

 

また、遺産分割の方法には次のいくつかの方法があります。

  1. 現物分割 … 具体的に誰がどの財産を取るかを決める方法
  2. 代償分割 … ある相続人が不動産などを取得して、他の相続人にはその分の金銭を支払う方法
  3. 換価分割 … 不動産などを売却してその代金を分割する方法
  4. 共有分割 … 不動産などを共有名義にする方法

なお、安易に共有分割にしてしまうと、後日トラブルになってしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

他にも遺産分割協議を進めるに当たっては、注意しなければならないポイントがいくつもあります。後々になって問題が生じることがないように、遺産分割協議を進める場合にはぜひ専門家にご相談ください。

 

ひよし法務行政書士事務所では遺産分割協議が円滑に進むようにお手伝い致します。遺産分割協議に必要な事前準備、遺産分割協議の進行、遺産分割協議書の作成まで、安心してお任せ下さい!また、万一争訟に発展しそうな状況となった場合にも、提携している弁護士をご紹介することが可能です。これから遺産分割協議を行うという方は、是非ひよし法務行政書士事務所へご連絡ください!

 

ご相談・お問い合わせはこちらをご覧ください!

ページトップに戻る