公正証書遺言とは?

1 遺言の目的 → 2 遺言が必要なとき → 3 遺言の種類と特徴 →

4  自筆証書遺言 → 5 公正証書遺言 → 6 遺言の注意点 

 

公正証書遺言の作成手順は以下の通りです。

@必要書類を回収し、公証役場との打ち合わせをする。

A証人2人と一緒に公証役場へ行く。 おじいちゃん(和服).gif

※将来の相続人等の関係者は証人にはなれません。そのため、証人2人は第三者に依頼する必要があります。 

B遺言内容を公証人、証人2人の前で口述する。

C公証人が本人および証人2人の前で遺言書を読み上げる。

D本人、証人2人、公証人の全員が署名捺印する。

E証書のコピーが本人に手渡され、原本は公証役場にて保管される。

 

自筆証書遺言の場合は、「本当に本人の自筆なのか?」「本当に本人の意思によるものなのか?」といったトラブルが発生する可能性がありますが、公正証書遺言であればそのような心配はありません。法的に万全を期すのであれば、やはり公正証書遺言を作成することをお勧め致します。

 

なお、公証役場の手数料は以下のとおりです。

 相続金額

公証人手数料 

100万円以下 

5,000円 

100万円超〜200万円以下 

7,000円 

200万円超〜500万円以下 

11,000円 

500万円超〜1000万円以下 

17,000円 

1000万円超〜3000万円以下 

23,000円 

3000万円超〜5000万円以下 

29,000円 

5000万円超〜1億円以下 

43,000円 

※遺言により財産をもらう人毎に上記の手数料を算定し、合計します。

※総額が1億円以下の場合には11,000円を加算します。

※上記以外に用紙代が数千円かかります。  

ひよし法務行政書士事務所では公正証書遺言作成をお手伝い致します!

ひよし法務行政書士事務所では次のような流れで「公正証書遺言を作成したい」という方のお手伝いをさせていただいています。 もちろん、証人2人は当事務所にて手配いたします。

 

@事前相談 ・・・ まずはご希望をじっくりとお伺いいたします。

 ↓

A事前準備 ・・・ 必要な書類回収・文案作成ど

 ↓  ・公正証書作成に必要な書類を作成致します。

 ↓  ・お客様のご希望に沿った文案を作成します。  

B公証役場との事前打ち合わせ

 ↓  ・公証人の手配や打ち合わせなどはすべて当事務所で行います。

 ↓  ・お客様には最後に1度だけ公証役場に行っていただきます。 

C公証役場にて遺言書作成

   

なお、行政書士には法律により秘密を守る義務(守秘義務)が課せられていますので、ご安心ください! ご希望により、遺言書の保管や遺言執行も承ります。まずはひよし法務行政書士事務所までご連絡ください。

 

ご相談・お問い合わせはご覧下さい!

ページトップに戻る